クレカ不要の格安SIMガイド

クレジットカードが無くても申し込める格安SIMはこれだ!

格安SIM

IIJmioプリペイドパック

更新日:

支払い方法はプリペイド

IIJmioプリペイドパックは、インターネットプロバイダーの草分け、IIJ(インターネットイニシアティブ)の個人向けインターネットサービス、IIJmioのプリペイドタイプ格安SIMです。

プリペイドなので、SIMパッケージの購入料金の中に、データ通信料金も含まれています。

クレジットカードを持っていないという方でも、手軽に利用できる格安SIMサービスです。

SIMパッケージは、Amazonなどの通販、ヤマダ電機やベスト電器、Joshinなどの家電量販店で購入できます。

ビックカメラでも、「IIJmioプリペイドパック for BIC SIM」という、IIJmioプリペイドパックと全く同じサービスの商品を購入できます。

また、ファミリーマートでも、「「BIC SIM えらべるSIMカード powered by IIJ」」という、プリペイドSIMが選択できるパッケージ(SIMカードは後日配送)が販売されていますが、こちらは3000円で500MBと、3791円(税抜)で2GBが使えるIIJmioプリペイドパックよりは割高な料金設定になっているので、注意が必要です。

スペック

プラン IIJmioプリペイドパック
通信容量 2GB
利用期限 開通手続日から3ヶ月後末日(最大4ヶ月)まで。
通信速度(下り最大) 225Mbps
料金 3,791円(税別)
支払い方法 プリペイド
その他 SMS不可、音声通話不可

IIJmioプリペイドパックの回線は、NTTドコモのLTE(Xi)・3G(FOMA)。

月額料金制のIIJmioには、au回線を利用した「タイプA」もありますが、プリペイドパックは現状、ドコモ回線のみで、下り最高速度は225Mbps。

IIJmioプリペイドパックは、データ通信容量2GBの使い切りタイプ。

2GBを使い切るか、開通手続き日から3ヶ月後の末日まで、最大4ヶ月間利用できます。

購入後すぐに使える

初回購入パッケージにSIMカードが同梱されているので、購入後に申し込み手続きをすれば、すぐに利用できます。

ウェブによる手続きは必要なく、IIJmioオンデマンド開通センターに電話をして利用開始手続きを行えば、3分ていどで開通手続きは終了です。

住所や氏名などの個人情報の入力も必要ありません。

自動音声による開始手続きになるので、発信者番号通知ができる電話(固定電話も可)が必要です。

開通手続き後に、ユーザー自身でスマホのAPN設定を行えば、即ネットが利用できるようになります。

当サイト管理人が実際にIIJmioプリペイドパックを購入、使ってみた記事、「IIJmioプリペイドパックを使ってみた。」があるので、興味のある方は参考にしてください。

初回購入SIMのリチャージ(容量追加)が可能

プリペイド格安SIMですが、IIJmioクーポンカードでデータ通信容量をリチャージすれば、同じSIMカードを継続利用できます。

SIMパッケージを再購入するよりも、費用を安く抑えることができます。

IIJmioクーポンカードには、500MB(1500円)と2GB(3000円)の2種類があります。

どちらも、既定のデータ通信容量を使い切るか、リチャージした日から3ヶ月後の末日(最大4ヶ月間)まで利用できます。

IIJmioクーポンカードは、コンビニのローソンをはじめ、ヨドバシカメラ、ドン・キホーテなどで購入できます。

ネット通販はされていません。

しかし、ファミリーマートやビックカメラなどで購入できる、「IIJmioクーポンカード for BIC SIM」でも同様にリチャージできるので、入手するのはそれほど難しくないと思います。

データ通信容量の繰り越しが可能

利用期限までに使い切れなかったデータ通信容量は、リチャージすると自動的に繰り越しになり、次の利用期限まで使えるようになります。

そのためには、アップグレード期限(利用期限から1ヶ月後末日)までに、リチャージを行う必要があります。

繰り越しができるので、利用期限までに無理にデータ通信容量を使い切る必要や、使い切れなかったデータ通信容量を無駄にしてしまうこともありません。

くわしいことは、当サイトの記事「IIJmioプリペイドパックをリチャージ。」を参考にしてください。

期限切れでも、IIJmioプリペイドサイトにアクセス可能。

データ通信容量を使い切っても、利用期限切れでも、アップグレード期限までは、IIJmioプリペイドパックのサイトにアクセス可能です。

無線LAN(Wi-Fi)環境がなくても、リチャージ手続きができます。

こちらも、くわしいことは、当サイトの記事「IIJmioプリペイドパックをリチャージ。」を参考にしてください。

音声通話、SMSは不可

データ通信専用なので、音声通話機能はありません。

音声通話をしたい方は、IP電話アプリをインストールする必要があります。

SMS(ショートメッセージサービス)機能もないので、LINEやモバゲーなど、認証にSMSが必要なサービスを利用したい方は、口座振替タイプ、またはデビットカードタイプの格安SIMサービスで、SMS機能付きデータ通信専用SIMか、音声通話SIMに申し込んでください。

IIJmioプリペイドパックの評価

同じくプリペイドタイプのOCN モバイル ONE プリペイド(容量タイプ)とくらべると、利用期限(最大4ヶ月)は同じで、初回パッケージの価格もそれほど変わりないのに、利用可能通信容量は倍の2GB。

プリペイドとはいえ、できるだけたくさんのデータ通信をしたい方にはお得な格安SIMです。

また、500MBのIIJmioクーポンカードをリチャージすれば、1ヶ月当たりの通信料金を375円にすることも可能なので、スマホをほとんど使わない方や、ふだんはWi-Fiメインで使っていて、格安SIMはたまの外出時の連絡くらいにしか使わないという方にもおすすめです。

プリペイドタイプ格安SIMで、使い切れなかったデータ通信容量の繰り越しができるのは、当サイト管理人の知る限り、IIJmioプリペイドパックだけだと思います。

また、電話1本で開通手続きが済んでしまうので、インターネット環境のない方でも始めることができる格安SIMです。個人情報の入力もありません。

難点は、メールアドレスが付いていないこと、リチャージ用のIIJmioクーポンカードが通信販売されておらず、実店舗でしか購入できないことくらいでしょうか。

-格安SIM

Copyright© クレカ不要の格安SIMガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.