クレカ不要の格安SIMガイド

クレジットカードが無くても申し込める格安SIMはこれだ!

レビュー

Skype(スカイプ)で固定・携帯電話と通話してみた。

更新日:

skype-name

SMS・クレカ不要で通話できるSKype

格安SIMのデータ通信専用SIMを使っていると困るのが、電話です。

IP電話アプリを使えば電話はできますが、認証にSMS機能が必要だったり、支払いはクレジットカードのみというサービスが多いのが実情です。

しかし、そんな中でも、Skype(スカイプ)はSMS機能、クレジットカードがなくても使える数少ないIP電話アプリの1つ。

スマホ同士の通話が無料なのはもちろんですが、固定電話や携帯電話への通話料金も、プリペイドで支払うことができます。

というわけで、今回はSkype(スカイプ)を使って固定電話、携帯電話と通話する方法を説明してみたいと思います。

なお、Skypeは基本的に電話番号がないので、固定電話や携帯電話への通話は発信専用で、着信はできません。

有料のSkype番号を取得することもできますが、Skype番号はあくまでも着信専用の番号で、Skype番号を使って電話をかけることはできません(日本の場合)。

Skypeのアカウントを作成

最初に、Skypeのアカウントを作成します。

現在、Skypeはマイクロソフトの一企業なので、Microsoftアカウントを使ってログインできます。

しかし今回は、新規にSkypeのアカウントを作成してみたいと思います。

新規アカウントの作成はPCから行ったほうが楽だと思うので、今回はPCから行います。

もちろん、スマホのブラウザーやSkypeアプリからも可能です。

まず、PCのブラウザーでSkypeのアカウント作成ページを開き、必要な個人情報を入力します。

Skypeのアカウント作成に必要な個人情報は、基本的に名前とメールアドレスだけ。

kojin-joho

住所や生年月日などのプロフィール情報も、任意で登録できます。

profile

あとは、Skype名(Skypeのユーザー名)とパスワードを登録すれば、作業はほぼ完了です。

password

なお、注意が必要なのは、Skypeアカウントに登録した個人情報は、メールアドレスと携帯電話番号を除いて、姓名やプロフィール情報がSkypeユーザー全員に公開されてしまう点。

個人情報を公開したくない人(が圧倒的に多いと思いますが)は、プロフィール情報は入力しないようにして、姓名についても、ニックネームっぽいもの(英数字もOK)を入力することをおすすめします。

それでも、たまに見ず知らずの世界中のSkypeユーザーからコンタクト要求が来ることがあるので、軽く拒否してください。

「同意-次へ」ボタンをクリック。

next

「マイアカウント」ページが開きます。

my-account

これで、Skypeのアカウント作成は完了です。

Skypeアプリをインストール

今度は、お使いのスマートフォンにSkypeアプリをインストールします。

当サイト管理人はAndroidのSIMフリースマートフォンを使っているので、Android版アプリをインストールします。

スマホのGoogle Playストアアプリを起動。Skypeアプリを探して、「インストール」ボタンをタップ。

install

「同意する」ボタンをタップ。

doui-suru

Skypeアプリのダウンロードとインストールが始まります。

もし、下のような「アカウント設定の完了」という画面が出たら、「スキップ」をタップします。

※ 画像では、「次へ」を青線で囲んでますが間違いです。すいません。

skip

Skypeアプリのインストールが完了するので、「開く」ボタンをタップします。

「サインイン」画面が表示されるので、「Skype名」をタップ。

skype-name

すでにPCで登録しておいたスカイプ名とパスワードを入力し、「サインイン」ボタンをタップ

sign-in

これで、Skypeアプリのインストールは完了です。

「ともだちをSkypeに追加する」という画面が出てきますが、この作業はSMS認証が必要になるので、今回は無視して、スマホの「戻る」ボタンをタップします。

Skypeアプリのデフォルト画面が表示されます。

default

「連絡先」をタップすると、「Echo/Sound Test…」という表示が出てきます。

これは、実際にSkypeが使えるかどうかを確認するテスト通話サービスなので、タップします。

echo

すると、下の画面が現れるので、一番下の電話アイコンをタップします。

echo-test

日本語のガイダンスが流れるので、指示に従って何かしゃべります。もし自分の声が再生されれば、お持ちのスマホでSkypeが使えることが確認できたことになります。

くわしいことは、Skypeの「Skypeでテスト通話を発信する方法を教えてください。」記事を参考にしてください。

Skypeクレジットを購入

今度は、Skypeで固定電話、携帯電話と通話する料金を支払うのに必要な、Skypeクレジットを購入します。

Skypeクレジットは、Google PlayカードやAmazonギフト券などと同じく、コンビニで購入できるプリペイドタイプの電子マネー。

プラスティックカードのプリペイドカードタイプ(1000円、3000円)と、コンビニの情報(マルチメディア)端末から購入できる紙のクーポンタイプ(500円、1000円、2000円、3000円、5000円)があります。

※ Amazonだと、ダウンロード購入も可能です。

今回は初めてだったので、一番安く試せる500円のクーポンタイプ(紙)を、ファミリーマートの情報端末で購入してみました。

skype-coupon

Skypeクレジット(クーポンタイプ)の購入方法は、伊藤忠運営のSkypeナビさんで詳しく説明されているので、参考にしてください。

購入したSkypeクレジットを登録(チャージ)

Skypeのホームページを開き、マイアカウントにサインイン(ログイン)します。

「マイアカウント」ページの下のほうにある、「クーポンの有効化」をクリック。

coupon

「Skypeクーポン・プリペイドカードの利用」ページが開くので、購入したクーポンに記載されたプリペイド番号を入力し、「有効化」ボタンをクリック。

yuukouka

購入金額の入力ページが開くので、空欄に購入金額を入力して、「有効化」ボタンをクリック。

kingaku

「コードが承認されました」ページが現れる。

shori

「マイアカウント」ページに戻ると、500円のSkypeクレジットが追加されている。

500yen

Skypeアプリから固定・携帯電話に通話

次は、Skypeアプリから携帯・固定電話に通話してみます。

Skypeアプリを起動し、デフォルト画面の一番下の左端にある、プッシュボタンのようなアイコンをタップします。

ダイヤルパッド画面が表示されます。

dial-pad

あらかじめ、日本の番号(+81)が入力されているので、そのままダイヤルパッドで電話番号を入力し、一番下の受話器アイコンをタップすれば、通話ができます。

一番上の右端にある電話帳アイコンをタップして、登録済みの連絡先から電話番号を入力してもOKです。

また、よく使う電話番号は、Skypeの連絡先に登録しても便利です。

Androidスマホのメニューボタンをタップし、出てきたメニューから「番号を追加」をタップ。

skype-menu_button

出てきた「番号を追加」画面に名前と電話番号を入力すれば、「連絡先」タブに追加されます。

skype-bangou-tsuika

Skypeの料金

Skypeの固定電話、携帯電話への通話料金ですが、Skype Blogsの記事、「Skypeクレジットの日本国内通話料金がより安くなりました」の内容が、この記事を書いている時点(2015年5月)で一番正確だと思います。

Skypeクレジットを使うと、1分間の料金は接続料込みで固定電話で約7円、携帯電話だと約20円になります(小数点以下四捨五入)。

月額プラン(固定電話・携帯電話60分)だと、400円で60分間通話できます。

格安SIMの通話料金は1分当たり40円(20円/30秒)が相場なので、Skypeを使うと通話料金がかなり安く済むことが分かります。

Skypeの有料通話の料金や月額プランについては、価格データがちょっと古いですが、Skype Blogsの記事「Skypeから固定電話・携帯電話に格安で通話ができるSkype Outをマスターしよう!(その1~5まで)」でとても分かりやすく解説されているので、ぜひ参考にしてください。

なお、Skypeアプリのデフォルト画面一番上右端にある人型アイコンをタップすると、Skypeクレジットの残高がチェックできます。

zandaka

また、Skypeクレジットの残高の部分をタップすると、固定電話や携帯電話との通話料金がリーズナブルになる、「月額プラン」を購入することができます。

gestugaku-plan

Skypeで固定・携帯電話と通話した感想

インストールしたSkypeアプリを使って、固定電話と携帯電話の両方に電話をかけてみましたが、使っている環境によって音質はずいぶん違います。

Wi-Fi環境で使っている場合には固定電話、携帯電話とも、とてもクリアな音質で通話できますし、MVNO(ドコモ)の回線を使っている場合は、正直あまり音質は良くありません。

利用している地域によっても違うと思いますが、会話は成立するものの、クリアとは言いがたいです。

当サイト管理人が使っているのは3Gスマートフォン端末なので、回線がLTEだともっとクリアなのかもしれません。

なお、Skypeは無料で発信者番号通知ができるみたいですが、SMS機能がないと利用できません。

そのため、SMS機能がないデータ通信SIMを使ってSkypeアプリから電話をかけると、固定電話の場合は「表示圏外」、携帯電話の場合は「通知不可能」という表示(ナンバーディスプレイ)が出てきます。

通話の相手先が「表示圏外」、「通知不可能」を着信拒否している場合は電話が通じないので、あらかじめ着信拒否を解除してもらう必要があります。

まとめ

基本的に番号通知ができない、着信を受けることができないSkypeですが、通話料金面だけをみれば、格安SIMの通話機能よりも断然お得に、固定電話・携帯電話に通話することができます。

電話をかける相手が家族や友達で、Skypeで発信していることを分かってくれる相手ならば、コスパ的にも利用したほうがお得なIP電話サービスだと思います。

たまに1分以内の簡潔な連絡に使うだけならSkypeクレジット、毎日2分以上通話するなら月額プランにしたほうがお得になります。

月額プランといっても、コンビニで購入したSkypeクレジットでも支払いができます。

スポンサーリンク

-レビュー

Copyright© クレカ不要の格安SIMガイド , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.