クレカ不要の格安SIMガイド

クレジットカードが無くても申し込める格安SIMはこれだ!

クレカ不要格安SIMのQ&A

デビットカードで申し込める格安SIMってある?

更新日:

スマートフォン通話

Q:デビットカードで申し込める格安SIMってありますか?

A:当サイト管理人の知る限り、少なくとも以下の格安SIMサービスがデビットカードで申し込むことができるようです。

中にはLINEモバイルのように、直接デビットカードでは申し込むことはできませんが、実質的にデビットカードで支払いができる格安SIMサービスもあります。

OCNモバイルONE

1つめは、OCNモバイルONEです。

OCNモバイルONEは、ドコモ回線の格安SIM。

基本的にクレジットカード申し込みのみですが、デビットカードでも申し込めたというネット情報が最もよく見つかる格安SIMサービスです。

一定の条件をクリアしたデビットカードなら、たいていのデビットカードで申し込めるみたいです。

また、OCNモバイルONEは、電話での口座振替(銀行引き落とし)申し込み(ネットは不可)も受け付けています。

ただし、デビットカード申し込みとは違って、口座振替申し込みは使えるまでに時間がかかるのが難点です。

申し込みから使えるまで、最短で10日前後はかかるみたいです。

よりくわしいことは、当サイトの「OCNモバイルONE」記事でご紹介しています。

楽天モバイル

2つめは、 楽天モバイルです。

楽天モバイルも、ドコモ回線の格安SIM。

2019年には独自の回線を持って、第4のキャリアになる予定です。

公式サイトでデビットカードでの支払いが認められている、たぶん唯一の格安SIMサービス(主要各社の中では)です。

ただし、認められているのは楽天銀行のデビットカード(Visa、JCB)と、スルガ銀行のデビットカード(Visa)だけです。

また、口座振替手数料100円(税抜)が毎月かかってしまいますが、口座振替でも申し込むことができます。

よりくわしいことは、当サイトの「楽天モバイル」記事でご紹介しています。

mineo(マイネオ)

3つめは、mineo(マイネオ) です。

mineoは、ドコモ回線(Dプラン)、au回線(Aプラン)、ソフトバンク回線(Sプラン)の3大キャリアすべての回線サービスを提供している、現在のところ唯一の格安SIM。

公式サイトで認められているのはクレジットカード申し込みのみですが、事実上、デビットカードでも申し込むことができます。

実際、当サイト管理人も2016年6月にジャパンネット銀行のVisaデビットカードで契約し、現在も利用中です。

また、mineoを運営しているケイ・オプティコムの光回線サービス、eo光ネットを口座振替で契約しているユーザーは、mineoも口座振替で申し込めます。

よりくわしいことは、当サイトの「mineo(マイネオ)」記事でご紹介しています。

UQ mobile(UQモバイル)

4つめは、UQ mobile(UQモバイル)です。

UQ mobileは、au回線を利用した格安SIMサービス。

公式サイトでは、「デビットカードは利用できません。」となっているのですが、実際にはいくつかのデビットカードで申し込めるみたいです。

2017年9月からは口座振替申し込みも可能になったので、クレジットカードでなくても必ず申し込める格安SIMサービスになりました。

よりくわしいことは、当サイトの「UQ mobile(UQモバイル)」記事でご紹介しています。

LINEモバイル

5つめは、LINEモバイル です。

LINEモバイルは、ドコモ回線とソフトバンク回線のサービスを提供する格安SIM。

実は、LINEモバイルで公式に認められている支払い方法は、クレジットカード、LINE Pay、LINE Payカードの3つだけです。

しかし、LINE Payは登録したデビットカード(Visa、JCB)での決済が可能なので、LINEモバイルの支払い方法としてLINE Payを選択すれば、実質的にはデビットカード払いをしているのと同じことになります。

※ LINE Payとは、LINEアプリユーザーなら年齢制限無し、審査無しで誰でも登録・利用可能なモバイル送金・決済電子マネーサービスです。

また、LINE Payカードは口座振替でのチャージが可能なので、実質的には口座振替払いをしているのと同じことになります。

※ LINE Payカードとは、LINE Payの決済・チャージ機能を強化した、プリペイドタイプの電子マネーカードです。

よりくわしいことについては、当サイトの「LINEモバイル」記事でご紹介しています。

NifMo(ニフモ)

6つめは、NifMo(ニフモ)です。

mineoは、ドコモ回線(Dプラン)のサービスを提供している格安SIM。

公式サイトでははっきり明記されていませんが、Visaブランドのデビットカードであれば、申し込むことができるみたいです。

口座振替には対応していません。

よりくわしいことは、当サイトの「NifMo(ニフモ)」記事でご紹介しています。

まとめ

デビットカードで申し込める格安SIMサービスは、他にもまだあると思いますが、当サイト管理人が調べてみた結果、現在でも確実にデビットカードで申し込めそうなのは、とりあえず、上記の格安SIMサービスになります。

どのデビットカードだと契約できるかですが、実際に申し込んでみないと分からないというのが、正直なところ(笑)。

ただ、公共料金(ガス・水道など)や携帯電話料金など、毎月の支払いに対応しているVisa、またはJCBブランドのデビットカードというのが、基準になりそうです。

まだデビットカードを持っていない方は、作り方やデビットカードの安全性、おすすめのデビットカードなどを、「格安SIMと契約しやすい、おすすめデビットカードってある?」という記事にまとめていますので、参考にしてください。

-クレカ不要格安SIMのQ&A

Copyright© クレカ不要の格安SIMガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.